猫の食事

飼いたいと思う猫に出会えたらやはり気を付けなければならないことは多々出てくるかと思います。その中で一番重点を置くべきことは食事なのではないでしょうか。人と同じもので大丈夫と考えてしまい与えてしまいますと、最悪取り返しのつかないことが起きてしまう可能性もあるのです。

ダメな食べ物、まずはネギ類になります。こちらはネギ科の植物全般です。玉ねぎ、長ネギ、ニンニクやワケギなどといったものです。これを猫が食べてしまうとネギ中毒という溶血性貧血を起こしてしまいます。ネギ中毒を起こしてしまうと血色素尿が出たり嘔吐や下痢などの症状が現れます。多くは自然治癒しますが子猫や高齢の猫などは体質や体調によっては重度の貧血状態になったり、死亡することもあるので注意をしなければなりません。

猫だから魚介類は大丈夫と思うかもしれませんが、イカやタコなどは消化が悪く嘔吐や下痢・便秘の原因となる可能性もあるため加熱したほうがいいですし、アワビも内蔵に含まれる光励起物質が猫の体内に入ると光線過敏症の原因となります。

またチョコレートやココアなどのカカオマスに含まれるテオブロミンという部室は下痢や吐き気、血圧上昇や痙攣などの症状を引き起こしてしまい、重症の場合は死亡することもあります。

ほかにも注意しなければならないこともあり、一概に人と同じものを与えるわけにはいきません。こういう時に活躍するのはキャットフードではないでしょうか。缶から出すだけで猫に食事を食べさせることができるのです。

カテゴリー: 未分類 | 猫の食事 はコメントを受け付けていません。

猫の種類

近年、日本では猫の人気が高くなっています。空前の猫ブームと言われているほどです。そんな猫の種類は純血腫、雑種、その他正式に登録されていない種類もあわせると、300を超える品種があるといわれています。日本猫と言われているものでも、白猫、黒猫、三毛猫、トラ猫などなどがあります。日本猫は外国の猫と比べて色分けが独特なことからその色や種類によって分けられるようになりました。

日本だけでも何種類もいるのですから世界中となると300以上というのはうなずけるかと思います。そんな猫たちの中でもやはり人気の種類はあります。よくあげられるのをいくつかご紹介いたします。

アメリカ生まれのマンチカン。猫のダックスフントとも言われている四肢の短い種です。短い脚ですが運動能力は高く意外と素早い動きをします。性格も陽気で好奇心が強く飼い主にはよく甘えてきます。

スコットランド生まれのスコティッシュフォールド。この種の特徴はペタンと前に垂れた愛らしい耳になります。一回の出産でも垂れ耳で生まれてくる子猫は3/1ぐらいの確率になり、完全な垂れ耳は希少猫になります。性格は優しくてとても温厚であり、人懐っこく甘えん坊でもあります。

アメリカ生まれのラグドール。特徴としては被毛がふわふわしていてとても抱き心地がよく、また抱っこも嫌わない猫で、ラグドール(ぬいぐるみ)のような様子からこの名前がついたほどです。淡いコートカラーとブルーの瞳が魅力的です。性格は穏やかで優しくまた物怖じしないところもあります。ほかにも人気猫はたくさんいますが、特徴的なのはやはり性格が穏やかで飼いやすいという点がおおいことではないでしょうか。

カテゴリー: 未分類 | 猫の種類 はコメントを受け付けていません。