キャットフードの選ぶポイント

猫の食事では気を付けることがたくさんあるため、重宝されるのがキャットフードです。しかし、キャットフードであればなんでもいいというわけではありません。いくつかポイントがあります。

肉食獣である猫は犬よりも高タンパク質が基本となります。そのため高タンパク質、高脂肪、低炭水化物の食事が理想となります。また、猫に必須であるアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどをバランスよく配合してあることをみてください。肝臓機能などの衰えを防ぐためにはタンパク質でも良質なものがいいでしょう。

また猫はより新鮮な食べ物を好むので、大量のものよりも少ない容量のものが理想です。水分摂取な苦手な動物なので水を多く取らせる工夫も必要となります。

キャットフードを選ぶにあたり、一番気を付けなければならないこと、それは化学薬品や化学的な酸化防止剤(BHA、BHT、エトキシキン)などの添加物をなるべく選んだほうがいいかと思います。これらは発がん性が高いといわれております。品質保持には大切な成分ですが、毎日大量にとることは猫にとってはあまり良いとはいえないでしょう。

ただ無添加のキャットフードは日持ちもしないためこまめに買い足さなければなりませんし、価格もやはり無添加ということで高くなってしまいます。添加物イコール悪いものと決めつけずにその場によって適切な判断で与えていけばいいのではないかと思います。

参照ページ – 最高級キャットフード シンプリー|サーモン50%以上配合で健康的なのにおいしい!
高タンパクのキャットフードを販売しているサイトです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク