年齢に応じて使い分ける

キャットフードを与える場合、その猫の年齢や時期に応じた食事に気を付けたほうがいいでしょう。大体、猫のライフステージは基本3の時期に分かれています。

まず、離乳から1歳までの成長期。この時期は猫にとって一番の成長期になりますので、栄養価の高いフードを与えたほうがいいでしょう。なるべき高タンパク、高カロリーの食事が必要となってきます。

1歳から7歳ごろまでの維持期。この時期になるといろいろな成猫フードでも大丈夫です。動物性たんぱく質が多いものや成長をサポートするフードを選んで与えるようにしてください。しかしながら成長期と同様に高タンパクのものや高カロリーのものばかりを食べさせ続けていると逆に摂りすぎで肥満の原因になることもあります。猫も人と同様、太りやすい体質太りにくい体質があります。その体質で与える食事のバランスを心がけてください。

最後に7歳以上の高齢期です。この時期になるとやはり消化器官が弱くなってきてしまいます。猫の様子などをみながら成猫用のフードから老猫用のフードを徐々に混ぜていってください。

またキャットフードには主にドライフードとウェットフードの2種類があります。ドライフードは価格も手ごろで品質が劣化しないのがメリットになりますがデメリットとして水分不足になりやすいです。ウェットフードは水分を補うことができまた猫も好んでたべやすいのですが、栄養の偏りがあったり価格が高めになっています。猫の体調や好みもありますので、2つを混合しながら使い分けていくといいのではないでしょうか。

カテゴリー: 未分類 | 年齢に応じて使い分ける はコメントを受け付けていません。

キャットフードの選ぶポイント

猫の食事では気を付けることがたくさんあるため、重宝されるのがキャットフードです。しかし、キャットフードであればなんでもいいというわけではありません。いくつかポイントがあります。

肉食獣である猫は犬よりも高タンパク質が基本となります。そのため高タンパク質、高脂肪、低炭水化物の食事が理想となります。また、猫に必須であるアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどをバランスよく配合してあることをみてください。肝臓機能などの衰えを防ぐためにはタンパク質でも良質なものがいいでしょう。

また猫はより新鮮な食べ物を好むので、大量のものよりも少ない容量のものが理想です。水分摂取な苦手な動物なので水を多く取らせる工夫も必要となります。

キャットフードを選ぶにあたり、一番気を付けなければならないこと、それは化学薬品や化学的な酸化防止剤(BHA、BHT、エトキシキン)などの添加物をなるべく選んだほうがいいかと思います。これらは発がん性が高いといわれております。品質保持には大切な成分ですが、毎日大量にとることは猫にとってはあまり良いとはいえないでしょう。

ただ無添加のキャットフードは日持ちもしないためこまめに買い足さなければなりませんし、価格もやはり無添加ということで高くなってしまいます。添加物イコール悪いものと決めつけずにその場によって適切な判断で与えていけばいいのではないかと思います。

参照ページ – 最高級キャットフード シンプリー|サーモン50%以上配合で健康的なのにおいしい!
高タンパクのキャットフードを販売しているサイトです。

カテゴリー: 未分類 | キャットフードの選ぶポイント はコメントを受け付けていません。